FC2ブログ

8月11日(日)晴れ

きょうは日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
毎年お盆休みにピークを迎える
ペルセウス座流星群の話をしましたよ。

ところで今日は
先日行ってきた岐阜・滋賀・福井への旅行の写真を載せます。

2泊3日の旅行でしたが
まず最初に行ったのが岐阜城です。

岐阜城は戦国大名の斉藤道三の居城でしたが
のちに織田信長が斉藤氏を滅ぼしてここを居城としました。

↓高い山の上に遠くそびえているのが岐阜城です。(クリックして大きくして見てね)
19081001.jpg
観光客はみんなロープウェイで登ります。

ウチは戦国時代マニアの7歳の息子が
『斉藤道三や織田信長が登った道を
 自分の足で歩いて登りたい』と希望していたので
麓から歩いて登ることにしました。

サチコネエサンや5歳の娘や僕の母親(子どもたちのオバアチャン)も
歩いて登ることに挑戦しました。

↓これが登山道の入口です。
19081002.jpg
この日の岐阜の気温は35℃で
熱中症が本当に心配でしたので
麓の自販機でスポーツドリンクをたくさん買って
5分歩くごとに子どもたちに飲ませながら
ゆっくり登りました~。

コースタイムでは1時間程度とのことでしたが
1時間以上かかって
↓やっと頂上のお城に着きました!!
19081003.jpg
天守閣からの眺めは本当に素晴らしいです。

↓お城の麓には美しい長良川が流れています。
19081004.jpg
南側を見ると
↓雄大な濃尾平野が広がっています。
19081006.jpg
息子も、
織田信長や斉藤道三が実際に眺めたのと同じ景色を見て
↓それなりに何かを感じとっているようでした。
19081005.jpg
息子は図書館から毎回必ず
歴史マンガや伝記マンガを借りてきて熱心に読み漁っています。
学校でも休み時間にはよく図書室に行って歴史の本を読んでいるそうです。

ウチには僕がむかし買った歴史の本がたくさん転がっていますが
そういう大人向けの本も読み漁ってます。
僕も歴史は大好きで本はたくさん読んでいますが
息子はもう僕が知らないようなこともよく知っていて
子どもの吸収力というのはスゴイものだと感心しますね。

息子が気に入って何度も読んでいた織田信長の伝記マンガに
印象的なシーンがありました。

織田信長は、斉藤道三の娘である濃姫と結婚しました。
斉藤道三にとっては織田信長は『娘の夫』ということになり、
織田信長にとって斉藤道三は『妻の父上』ということになります。

岐阜城下のお寺で両者が面会したときに
斉藤道三は織田信長の才能を見極め
『残念ながら私の息子は織田信長に負けてその家来になるだろう』
という予言を残したエピソードは有名です。

その歴史マンガでは面会のあと
斉藤道三が織田信長に
『ムコ殿、お前さんを連れて行きたい場所がある。見せたいものがある』
と言って、岐阜城の天守閣に連れて行き
この天守閣からの景色を見せるシーンがあるのですね。

そこで斉藤道三は織田信長に
『どうじゃ。素晴らしい眺めだろう。
 ワシはこの雄大な景色を初めて見たときに圧倒されたのだ』
と言うわけです。

織田信長もいたく感動し
『天下取り』をいっそう強く決意する……というようなシーンだったと思います。

僕は息子に
『お前さんは今、斉藤道三や織田信長が400年以上前に確かに見た景色を見ているんだぞ。
 お前さんは自分の足でここまで登ってきて
 自分の眼でいまこれを見てる。
 こういうことは本当に大切なことだと思うよ』
と言っておきました~。

ということで
明日以降にまた続きを載せたいと思います。
スポンサーサイト