FC2ブログ

8月14日(水)晴れ時々雨

今日は実家の自宅スタジオに行って
僕のコーラスのパートを録音してきました。
おかげさまで、1曲ぶん録りおわりました。

ということで今日も
せんじつの旅行の写真の続きを載せます。

福井駅前の北ノ庄城跡を訪れたあと
今回の旅行のメインの一つ、一乗谷遺跡に行きました。

一乗谷遺跡とは
戦国大名の朝倉氏の居城だったところで
当時は城下町もあってたいへん栄えていましたが
5代目の朝倉義景のときに織田信長に攻め滅ぼされました。

今日では、一乗谷川の両岸に居城や城下町の遺構が残っています。
↓とても美しい谷間にあります。(クリックして大きくして見てね)
19081401.jpg
この日も福井は35℃の猛暑日でした。
日陰のない炎天下をがんばって歩いて周りましたよ。

↓ここが入口です。
19081403.jpg
いろいろな御殿の遺構が
広大な敷地に残っていて
そこを歩いて周れるようになっています。

↓これは朝倉義景が住んでいた館跡です。
19081402.jpg
ここをじっくりと見学しているあいだも
本当に暑かったです!!!
19081404.jpg
ここは、単に
いち戦国大名の本拠地だったというだけではなくて
歴史の中で大きな存在感を持っている場所です。

のちに室町幕府の15代将軍となる足利義昭も
しばらくここに滞在していた時期があります。

足利義昭は自分が将軍になるための軍勢を持っていなかったので
武田信玄や上杉謙信などいろいろな有力な戦国大名に
力を貸してくれと頼ります。
その中で、福井の朝倉義景を頼ってここに来ていたのですね。
(結局は思うように助けてもらえなかったので
 足利義昭は織田信長を頼るようになって……と続くわけです)

7歳の息子は
そのへんのことはよく分かっていますので
朝倉義景や足利義昭が400年前にいたまさにその場所に立って
それなりに感激している様子でした。

5歳の娘は相変わらずよく分かっていない感じでしたが
『ナナミ、お前さんが好きなプリンセスの細川ガラシャは
 ここで生まれて、ここで育ったんだぞ』
と言うと
『えっ、ここに細川ガラシャがいたの?』
と食いついてきました(笑)。

『そうだ、細川ガラシャの父親である明智光秀パパは
 ガラシャが生まれたとき、この一乗谷に来ていたんだ。
 ガラシャが生まれた場所はここから少し南に行ったところだけど
 ここにも来たことがあったはずだ。』

と言ったら、それなりに興味を持ったようでした。
まあ、写真もたくさん撮りましたので
いつかもう少し大きくなったときに見返して
意味を理解してくれたらいいなあと思います。

↓一乗谷遺跡では、戦国時代の街並みが復元されています。
19081405.jpg
こちらもとても興味深いものでした。

↓遺跡の近くにある一乗滝にも行きました。
19081407.jpg
風が涼しくて、水も冷たくて
とても癒されました~。

このあと、福井県立恐竜博物館に行って見学しました。
日本で恐竜といえば福井! 福井といえば恐竜!ということになっていますから
たいへん規模が大きくて充実した博物館でした。

圧倒的な数と大きさの骨格標本がジオラマの中に並び
恐竜以外の、地球科学や古生物の展示も素晴らしかったです。
子どもたちも非常に楽しんでおりました。
娘は、動くティラノサウルスやトリケラトプスに驚いて泣いていましたが
それ以外は喜んで見学していました。
19081406.jpg
ということで旅行の2日目は
北ノ庄城跡と一乗谷遺跡と恐竜博物館で終わりまして
敦賀駅前のマンテンホテルに泊まりました。

敦賀では晩ご飯に美味しいお魚とお酒をいただきましたよ。
サチコネエサンが
『このお酒、すっっごくおいしい!!』と上機嫌で飲んでました。

ということで、また明日以降に続きを載せたいと思います。
スポンサーサイト