FC2ブログ

10月19日(土)雨のち虹

今日は久しぶりに子どもたちとボルダリングのジムに行きました。

8歳の息子も僕も
中級のルート(ボルダリングでは指定されたルートのことを『課題』という)を
一つ新たに登ることができました。

ほかにもいくつか、あと少しで登れそうな課題もあったのですけれど
2時間くらいやっていると手のひらがヒリヒリしてきて
『もうだめ。これ以上は手が痛くてつかめない』
という感じになってくるので、今度あらためてチャレンジしようと思います。

5歳の娘も
幼児用ではなくて大人用(小学生以上)の壁に挑んでいまして
せんじつ初級者向けの1番という課題はクリアしていたので、
今日は新たな課題に挑戦していました。

がんばって壁に向かっていましたが、
最初の石を掴んでから、次に掴まなければならない石が
娘の身長ではどうしても届かず
何回やっても落っこちていました。

それを見ていた息子が
『ナナミ、右足を置く石が間違っているんだよ。
 その黄色い石じゃなくて、その下の黒くて小さな石に右足を乗せたほうがいいよ』
などとアドバイスしました。

『そうかなあ、お父さんは、上側の黄色い石のほうに足を置いたほうが
 より高く腕を伸ばせるからいいと思って
 ナナミにそうさせているんだけど…』
と言ったら

『違う、下の黒い石に右足を置いたほうがいい。』
と言い張りました。

そこで、試しにそのように娘がやってみたところ
本当に次の石を掴むことができ
さらにその上の石も掴むことができました。

僕はビックリして、
『ユウタ、すごいな。もうお前さんは壁を見て
 どう登ったら登れるかというコースが読めるんだな。
 お父さんは間違った方法をナナミに教えてたよ。』
と言ったら、得意げな顔をしておりました。

娘もずっと掴めなかった石をつかめて
ほんとうに達成感に満ちた顔をしておりました。

ということで
その後みんなで平塚のららぽーとに行きまして
いろいろ買い物をしました。

来年のカレンダーも買いました。
もう年の瀬ですねえ(早)。
スポンサーサイト