FC2ブログ

1月20日(月)晴れ

今日の平塚はとても暖かかったです。
15℃くらいになったそうです。

ところで
ここ数日は先日の2泊3日の函館旅行の写真を載せてきましたが
今日で最後になります。

↓これは、最後の日(1月13日)に行った
土方歳三さんが亡くなったと伝えられる場所です。(クリックして大きくして見てね)
20012101.jpg
函館駅から歩いてすぐの場所にあります。

↓このような解説の看板もあります。
20012102.jpg
↓石碑がたっています。
20012103.jpg
土方歳三は
たとえば坂本竜馬とか源義経だとか織田信長だとか真田幸村などと並んで
日本史で最も人気のあるヒーローの一人だと思います。

そのゆかりの地である函館を訪れることができ
とても良かったなあと思います。

実は、僕にとって函館の地を踏んだのは
3回目でした。

1回目は、高校1年生のときです。
まだ本州と北海道を結ぶ海底トンネルができる前、
青森と函館をむすぶ青函連絡船が廃止になる直前の冬休みに、
クラスメイトと3人で
『青函連絡船に乗る』ためだけに函館に来ました。

そのときも2泊3日でした。

東京の上野駅を夜に出発して青森に朝に到着する
今は無き夜行列車・急行『八甲田』(寝台列車ではなく
ボックスシートの自由席の座席に一晩じゅう座るのです)に乗って
青森駅につきました。

その日のうちに青函連絡船で函館に渡り、
着いたらすぐに青森に帰ってきて
そのまま上野行きの急行『八甲田』に乗って帰るという
この上なくクレイジーな旅行でした。
函館には港に1時間くらいいただけで
名所にはどこも行かず、名物は何も食べず、どこにも泊まらず
2泊3日ただひたすら列車と船に乗っていただけでした。

それでも、
この上なく楽しくて面白かったです。
今となっては良い想い出です。

2回目は、大学院を修了して就職するまでの間の
春休みに北海道を回ったときです。

そのときも、本州から列車で海底トンネルをくぐって函館に着いたら
そのまま札幌行きの特急列車に乗ってしまったので
函館はまったく見ませんでした。

あの時は、公務員試験に受かっていて
4月1日から就職することが決まっていたので
『もうこんな自由で長い旅をするのは人生で最後かなあ……』
などという感傷とともに雪深い北海道を周りました(笑)。
(その半年後に有給休暇を取って旅した沖縄の離島で凄い星空を見て
 『やっぱり音楽を仕事にしたい』と決意して
 旅行から帰ってすぐに辞表を出すことになるとは夢にも思っていませんでしたが)

そんな話はいいとして
今回、3回目にしてやっと
函館をちゃんと見てまわることができました。
五稜郭を始めとする幕末の戊辰戦争の史跡も
函館山からの夜景も
朝市のイクラやホタテやイカも
ほんとうに素晴らしくて、もっと早く来るべきだったと思いましたよ。

↓これは、帰りの新幹線で食べた『いかわっぱ弁当』です。
20012104.jpg
函館駅の売店で買って
車内で食べました。
とても美味しかったです。

函館から東京までも
新幹線で4時間の旅です。

東京駅に着くと
鉄道好きの息子が
『この列車の連結部分を見たい』と言ったので
↓わざわざ見に行きました。
20012105.jpg
緑のほうが北海道から乗って来たH5系『はやぶさ』で
赤いほうが秋田から来たE6系『こまち』です。
盛岡で連結して東京まで走ります。
息子は『スゴイ!!!』と連呼しながらたいへん興奮しておりました。
スポンサーサイト