FC2ブログ

2月11日(火祝)快晴

今日は
歴史マニアの8歳の息子と
6歳の娘を連れて、山梨県に行ってきました。

武田信玄のゆかりの地を訪れる日帰り旅行です。

まず最初に武田信玄の居城であった
↓『躑躅ヶ崎(つつじがさき)館』に行きました。(クリックして大きくして見てね)
20021101.jpg
ここは現在、武田神社になっていますが
堀に囲まれた戦国時代の居城の姿を偲ぶことができます。

つぎに、躑躅ヶ崎館の少し北にある
↓『要害山』に登りました。
20021102.jpg
この頂上には戦国時代に『要害城』という山城がありました。
躑躅ヶ崎館が敵に攻められた際には
この山城にこもって戦うという作戦だったそうですが、
今日ではここは『武田信玄の誕生地』として知られています。

ふもとの駐車場から
30分ほどの登山をすると山頂に着きます。
↓頂上には『武田信玄公誕生の地』の碑があります。
20021103.jpg
頂上からは
↓富士山も見えます。
20021104.jpg
登山道は
↓こんな感じです。
20021105.jpg
登山道からは
↓甲府盆地がよく見えました。
20021106.jpg
今日は快晴でしたので
景色がほんとうに素晴らしかったです。

富士山や甲府盆地のパノラマだけでなく
雪をかぶって白く輝く南アルプスの山並みも
ものすごく美しく見えました。
ほんとうにきれいでしたよ。

往復1時間ほどの要害山の山登りのあとは
武田信玄のお墓がある恵林寺に行きました。

↓これは、恵林寺のとなりにある信玄館で食べた山梨名物『ほうとう』です。
20021107.jpg
たいへん美味しかったです。
体が温まりました~。

↓恵林寺もとても雰囲気が良かったです。
20021108.jpg
入場料を払ってお寺の中も拝観しました。
『うぐいす廊下』という、足で踏むたびに板が軋んで
鳥のさえずりのような音が鳴る廊下に
子どもたちは興味津々で歩いていました。

恵林寺の境内のなかに
宝物館があったので見学しました。

有名な『風林火山』の軍旗や、
川中島の合戦で死闘をくりひろげた
ライバル上杉謙信の『毘』の軍旗もあり
たいへん興味深い展示で
息子も嬉々としながら見学していました。

武田信玄には
『武田二十四将』と呼ばれる、24人の勇猛果敢な家臣がいたのですけれど
その肖像画にいちいち息子は何か言いながら反応していました。

『お前さん、この人たち知ってるのかよ』と聞いたら
『だいたい全員知ってるよ』と答えたので
『すごいな、お父さんは有名な軍師の山本勘助くらいしか知らないぞ。よく知ってんなあ』
と言っておきました~。

子どもたちはオミヤゲに
風林火山の軍配(300円)など
武田信玄グッズをいくつか買って来ました。
サチコネエサンには信玄餅を買いました。

6歳の娘も、兄の影響をだいぶ受けて
歴史に関することをいろいろと口にするようになってます。

先日は
『パパ、愛っていう漢字を大きく書いてよ』
というので
A4の紙に大きく『愛』と書いたら

それを切り抜いて
画用紙で工作して
直江兼続の兜をなかなかリアルにつくっていました。
(上杉景勝の家臣の直江兼続の兜には
 『愛』という文字がデカデカとついていたのです)

娘には
『すごいな。戦国大名の兜を工作でつくる幼稚園児なんて
 あんまり聞いたことないぞ』
と言っておきました~。

ということで
今日は天気にも恵まれて充実した一日でした。
スポンサーサイト