FC2ブログ

3月21日(土)晴れ

今夜も平塚は星空がとてもキレイです。
西の空に金星がビカビカ輝いています。

冬の間に明るさが変わって暗くなっていた
オリオン座のベテルギウスという星も
だいぶ復活して明るくなっているように見えます。
一時期は2等星になってしまっていましたが、
もうすっかり1等星に戻っているように見えます。
(ふたご座のポルックスという1等星と同じくらいの明るさに見えます)

ところで
絵を描くのが好きな6歳の娘に
近ごろいろいろな画家の画集を見せています。

家にたまたま
僕がむか~し買った
ゴッホ、モネ、シャガール、レンブラントなどの画集があったので
『絵が好きならこういうのに興味を示すかな?』と思って
それらを見せたのが最初です。

それなりに興味を示したので
せんじつフェルメールやアンリ・ルソーなども
インターネットの通販で買ったのですけれど

フェルメールの『青いターバンの少女』という
有名な絵を見たときに
娘が、『これ、すごく気に入った!すご~い』と
非常に感銘を受けていました。

『へえ、この絵の素晴らしさが分かるのか。
 お父さんも、この絵を初めて見たときに衝撃を受けたな。
 この女の子と目が合うとドキッとするだろう。
 これはフェルメール先生の作品でもいちばん有名なもので
 世界中の人たちに大人気の絵だ』
と言っておきました~。

6歳児がこんなに激しく反応するなんて
フェルメールはやっぱりスゴイナーと
改めて思います。

それで、その後にさらに
ゴーギャンとミレーの画集を買いまして、
『ゴーギャン先生は南の島に行ったときに
 そこの景色と人々が気に入って引越ししちゃったのだ。
 そこでこういう南の島のキレイな女の人の絵をたくさん描いたのだ。』
『ミレー先生はフランスの田舎の風景や
 畑を耕して農業をやっている人たちの美しい絵をたくさん描いたのだ。』
などと解説しながら今日いっしょに見ました。

それなりに熱心に見ていましたし
親としましても興味を伸ばしてほしいと思いますので
先ほどさらに
ピカソなどの有名どころを数冊と
あとは僕の趣味で伊藤若冲とかジョルジュ・スーラなどの画集を
インターネットで注文しました。

立派な画集を買い集めると大変な値段になってしまうので
僕は『新潮美術文庫』というシリーズで集めています。
新品でも千円くらいですし、中古ならものすごく安く手に入ります。
小さくて薄いので
幼児が見るのにも適していると思います。
スポンサーサイト