FC2ブログ

10月31日(土)快晴

今日は市内のホームセンターに行って
DIYの体験講座に参加してきました。

6歳の娘が
絵を描いたり工作したりするのが大変好きで、
少し前から
『あたし、トンカチとかクギとかノコギリとか使って
 いろんなものを作りたい』と言い出したので

最近は、市内のホームセンターで
子どもたちを対象にして行われている
DIY体験講座に参加しています(今日で2回目)。

今日は、ドールハウスを作りました。

子どもたちも自分で電動ノコギリで板を切り
カナヅチで釘を打ち
塗装もやって
↓予想以上にちゃんとしたものができました~。
20103101.jpg
高さ40cmくらいのものです。

6歳の娘も9歳の息子も
嬉々として取り組んで、こうして自分たちの作品ができたことに
大きな充実感を感じている様子でした。
予定では2時間くらいだったのに
だいぶ時間がかかってしまって、結局3時間半もかかったのですけれど
子どもたちはずっと夢中になってやってました。

材料費ていどのリーズナブルな参加費で
子どもたちにこういうことを体験させてくれるお店の活動は
親としましては本当に有難いことだなあと思います。

家に帰ってきて
日暮れの頃に、娘が急に
『近所の友だちの家にお菓子を配りにいく』と言って
魔女の仮装を始めました。

トンガリ帽子をかぶって
かぼちゃのオバケの顔の絵が描かれているオレンジ色のマントを背中につけて
オレンジ色のホウキにまたがって出てきました。

『えっ、もう日が暮れたぞ。
 今から行くのか』と聞いたら

『行く』と言うので

もう暗くなっていることですし、
僕が付き添い役になって後からついていくことにして
二人で出かけました。

娘はホウキに乗りながら近所のお友だちの家を回って
『ハッピーハロウィン!』
と言いながらお菓子を配ってました。

歩いているうちにどんどん暗くなってきて、
東の空に満月が昇ってきました。
朝日や夕陽が赤いのと同じ原理で
今日の昇ってきたばかりの満月も、血のように赤い色をしておりました(笑)。

その上に、赤い火星がビカビカ輝いていました。

魔女の姿になってホウキにまたがって歩いている娘の上に
真っ赤な満月と赤い火星が輝いている光景は
ちょっとゾクッとするくらいハロウィンっぽいものでした。
なんだかスゴイナーと思ってしまいましたよ。
きわめて印象的な光景でした。

今日はいろいろと
素晴らしいものを見せてもらいました。
スポンサーサイト