FC2ブログ

12月12日(土)晴れ

今日も工作好きの7才の娘と
ホームセンターの工作教室に行ってきました。
今日は、板や木の実を使ってオブジェを作りました。

帰ってきて夕暮れ時に
一番星で木星が見えてきたので
またオモチャ望遠鏡を出して
見てみました。

娘が
『あっ!シマシマがみえる!』
と言ったので
よーく見てみると
僕も木星の表面に縞模様が1本見えました。
9才の息子も『見える!』
と言っておりました〜。

それにしても
木星と土星がいよいよ本当に近づいてきました。
冬至やクリスマスの頃には木星と土星がピッタリとくっついて
望遠鏡で見ても同じ視野の中に収まり、
肉眼で見ると一つに重なって分離できないくらいになるそうなので
それは本当にこの目で見てみたいものだと思います。

子どもたちに
『今から2000年前にキリストさまが生まれる直前にな
夜空に見慣れない不思議な星が現れたという言い伝えがあるのだ』
と言ったら

息子が
『知ってるよ、それは木星と土星の接近だという説が有力なんでしょ。
本で読んだよ。』
と言ったので

『そうだ、今年の12月はそれが見られるんだ。20年に一度だぞ。
この景色をちゃんと見とけよ』
と言っておきました〜。

いま、夕暮れの時間帯に
南西の低い空に一番星としてビカッと見えてくる明るい星が木星です。
木星はすごく明るいので肉眼ですぐに分かると思います。
その木星のほんの少し左上に見える星が土星です。
土星も、木星には及ばないものの1等星なので肉眼ですぐ分かると思います。

あまりニュースにはなっていませんが
かなり貴重な凄い眺めが
毎日(晴れれば)見えていますので、
あなたもご覧くださったら嬉しいです。
スポンサーサイト