FC2ブログ

7月17日(金)晴れ

いよいよ明日の朝、出発します。

今日はクルマ屋さんに行って
年に一度の点検をやってもらいました。
エンジンオイルも新しいのを入れてもらいましたよ。

ところで、
今回の皆既日食につきましては、何年も前から
『ゼッタイに何としても行きたい』と思っていましたので
僕の人生の中では
かなり大きなイベントです。

その割には、
出発前夜は準備がとても慌しくて、
積年の夢が叶う(かもしれない)という実感に
しみじみと浸るという余裕がぜんぜんありません。

2年前、
半年間の世界旅行に出発する前夜もそうでした。

そんな中でも
昨日は、おそらく初めて
サチコネエサンに
『皆既日食とはこういうものである』という話をジックリとしました。
(今さらですが!)

そういえば、これまで一度も
皆既日食とは、こういう現象で、こういうものが見られるのだ、
という説明を
ネエサンにちゃんとしたことがありませんでした!(笑)

『神を見るぞ!』とか
『見たら、その日から人生が変わるぞ!』とか
『いままで見たどんな光景よりも素晴らしいぞ!』とか
『もし晴れて見られたら、2009年7月22日は人生最良の日になるぞ!』とか
小一時間も力説してしまいましたが(笑)、

直前に改めてちゃんと説明して良かった~!
ということがありました。

サチコネエサンは、
『皆既中のコロナ』も、日食メガネをかけて見るものだと
昨日まで思い込んでいたそうです。

もちろん
日食メガネを通して見るのは、
太陽がだんだん欠けてゆく『部分日食』のプロセスだけです。

太陽が全部隠れて皆既日食になったら(なる直前から)、
日食メガネは外して
肉眼で皆既日食を見ます。
そうしないと、コロナもプロミネンスもダイヤモンドリングも真っ暗で見えないじゃないですか!

サチコネエサンは
『いや~危なかった、直前にちゃんと説明してもらって良かったよ』
と言っていましたが、

僕も、
『いや~危なかった、直前にちゃんと説明しといて良かった~』と
胸をなでおろしました。

危うくサチコネエサンは
『わざわざ皆既帯まで行っていながら、しかも晴れたのに
 コロナを見ないで帰ってくる史上初の人』になるところでした。
油断ならないなあ!
スポンサーサイト