FC2ブログ

10月27日(火)晴れ

今日は、平塚市立江陽中学校に行ってきました。

3年2組の皆さんが
こんどの金曜日の合唱コンクールで『COSMOS』を歌うそうで
担任の先生から『合唱指導に来て下さい』とお手紙でお招き頂いていましたので
きょう行ってきたのです。

3年2組の皆さん
先生がた、ほんとうにありがとうございました。

僕は『COSMOS』の曲を作り詞を書きましたが、
合唱のことはよく分からないので、
合唱指導などという立派なことはできませんから、

教室で皆さんの合唱を聴かせてもらったり、
僕とサチコネエサンで、アクアマリンのCOSMOSを歌ったり、
COSMOSという歌について、いろいろと話をしてきました。

さいしょに皆さんの合唱を聴かせてもらいました。

『夏の草原に~銀河は高く~歌う~』と始まったとたんに、
おお!これは上手い!
と思うほど素晴らしい合唱でした。

『夏の草原』の、『なつのくー』あたりで
もう『ややや!なんかこれはスゴイぞ』と思いました。
サビのところのソプラノとか、光の声が空高く聞こえましたです(笑)。
せひ本番もがんばってください!!

僕は、どうしてこのクラスが合唱コンクールの曲に
『COSMOS』を選んでくれたのか、とても興味があったので
みんなに聞いてみました。

そしたら
『3学年の5クラスのうち、
 ぜんぶのクラスがCOSMOSを歌いたいと言ったので
 5クラスの代表者がジャンケンをした結果、うちのクラスに決まったのだ』
と言っていました。

それを聞いたときに、
なんか、『自分の知らないところでそんなことが起こっているのか~』
という気分になり、
身に余る幸せを感じました。

教室の壁には、巨大な紙にCOSMOSの歌詞が書いてあって、
そこに、歌うときの細かい指示や注意点が
びっしりと書き込みしてありました。
相当練習して、歌いこんだのだと思います。

これまで
小学校や中学校の合唱コンクールなどに呼んで頂いて
皆さんの完成された合唱を聴かせて頂くことは多かったのですが
本番まえの、練習中のシーンに立ち会うことはあまり無かったので
今日の体験は、ほんとうに新鮮でしたし、

みなさんがこんなに大切に、時間をかけて
COSMOSという歌に取りくんでくれているのだなあ、ということを
心の底から実感しました。

日本じゅうのいろんな学校で、
こんなふうに歌って頂いているのですから
ひとつの歌を作った者としましては
これ以上の幸せはないなー、などとシミジミしてしまいました。

今日はたいへん良い日でした。
あしたもがんばりましょう!!
スポンサーサイト