FC2ブログ

11月8日(日)晴れ

今日は、日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは、
クジラ座と、ミラという星の話をしましたよ。

ミラっていう星は
クジラ座の心臓のところに輝く星ですが、
『変光星』といって、
周期的に明るくなったり暗くなったりする
不思議な星です。

変光星は夜空にたくさんありますが、
ミラは、その代表選手のような
有名な星です。

星自体が
大きく膨らんだり、小さく縮んだりして
明るさが変わるんだそうです。

ミラは約11ヶ月の周期で、明るさが変わります。
明るい時には2等星ですから
北斗七星やオリオン座の三ツ星と同じくらい明るいです。

しかし暗くなると、肉眼では見えなくなって
消えてしまったように見えます。

『ミラ』という名前は、ラテン語で、
『不思議なもの』という意味だそうです。

英語の、『ミラクル(奇跡)』とか、『ミラージュ(蜃気楼)』などという単語と
同じ語源を持つ名前だそうです。
ミラクルも、ミラージュも、不思議という点では
共通しています。

そして、最近
英語の辞書を眺めていたら
『ミラー(鏡)』という英単語も、
ラテン語の『不思議なもの』という意味の言葉が語源になっているのだと
書いてあって
なるほどなーと思いました。

鏡がどうして不思議なのか。
何となくわかる気がします。

古代の人たちにとっては
覗くと自分の姿が見える鏡は
とても不思議なものだったかもしれませんし、

日本でも昔から鏡をご神体にしてまつっている神社とか
あるそうですから、
やはり鏡は神秘的なものなのかも、しれません。
ヒミコさんも鏡をもらったそうですからね!!

とはいっても
そんなことは全然関係ないかも、しれません。
言葉の語源というのは、いろんな説がありますからね。

ということで、
ミラは、今年は来週の11月20日にいちばん明るくなるそうです。

明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト