FC2ブログ

2月4日(木)晴れ

今日は立春でした。

今夜もたいへん寒いですが、
春が近づいていると思うと
ちょっとだけ耐えられそうな気がします(笑)。

ところで
立春とか大寒とか啓蟄とか、春分とか夏至とか冬至とか
いわゆる二十四節気というのも
天文学であります。

今年の立春は2月4日でしたが
2月3日という年もあります。
それらの日付がどうやって決まるかというと、

太陽の周りをまわっている地球が
軌道上のどの位置にいるか、ということで決まります。

地球は太陽のまわりを1年かけて一周していますが、
その軌道上の、この位置に来た日を立春とします
という場所があるのですね。

『太陽黄経』という目盛りがあって、

春分のときに地球がいる場所をスタート地点の0度と決めて、
夏至は90度、秋分は180度、冬至は270度になった日です。
今日の立春は太陽黄経が315度です。
360度になると一周して、また春分に戻ります。
一年の『季節』というのは、こうやって数字(デジタル)で決まっているんですねえ。

ちなみに
どんな夫婦にも結婚記念日というのがあって
ほとんどすべての場合、それは『○月×日』という『日付』で
定められていると思いますが、

僕たちの場合は
『その年の、太陽黄経が90度になった日』と
定められております。

つまり、『夏至の日』ということです。
日付は、年によって6月21日になったり
6月22日になったりと変動制?です。

なんでこんなことになったかというと、

グランドキャニオンのお土産屋サンで
結婚指輪を買って
その記念に谷底に降りる遊歩道を途中までハイキングした日が
たまたま2006年の夏至の日だったからです。

太陽が一番高く、いちばん長い時間
輝く日なんて縁起がいいなあ、ということで
『では夏至の日を結婚記念日とすることに決めよう』
ということになりました。

結婚指輪を買ったのは夏至の日でしたが、
結婚式をやったのはおよそ半年後の冬至も近い12月10日で
そのあとまた半年ほど新婚旅行にでかけてしまったので
婚姻届を出したのは、『翌年の』夏至の日でした~。

そんな話はいいとして
あしたもがんばりましょう!!
スポンサーサイト