3月14日(火)曇りのち雨

先ほど、5歳の息子が
『爬虫類って何? 哺乳類ってなに?』
というので、

『爬虫類や哺乳類というのは動物の種類のことです。
 両者でいちばん違うのは子どもの産み方で、
 人間や犬やネコやキリンなどの哺乳類はママが赤ちゃんを産みますが
 爬虫類のママは卵を産むのです。』

と答えたら、息子が

『えっ? でも、
 ギリシャ神話では人間が卵を産んだよ』
と言いました。

確かに、
大神ゼウスが天の上から地上を眺めていたら
スパルタの国の王妃であるレダという美しい人間の女性を見つけたので
ゼウスは白鳥に変身してレダの元へ近づき、
その結果レダは身籠って大きな卵を産んで、
その卵から双子の男の子が生まれ、
その双子は『ふたご座』という星座になり、
レダの元に向かうためにゼウスが変身した白鳥の姿は
『はくちょう座』になったという話をしたことがあります。

息子には
『そうだな。不思議だなあ。
 神話というのは、いろいろと不思議なことが起こるなあ』
と言っておきました~。

次に息子が
『節足動物って何?』
というので、とっさに

『お前、さっきトンカツ食べただろう。
 トンカツは大きいので、ママが包丁で細~く7つくらいに切ってくれただろ。
 この図鑑の三葉虫の絵を見てみなさい。
 包丁で7つに切ったトンカツにそっくりだろ。
 この一つ一つの部分を「節」というのだ。
 節足動物はこの「節」の一つ一つに「足」がついているのだ。
 だから節足動物というのだ。』
と言いました~。

息子は
『ほんとだ、三葉虫はトンカツにそっくりだ』
と言っていたので
我ながら、うまい例えを見つけたなあと思いました。

ということで
またしてもどうでもいい話で失礼しました。
明日もがんばりましょう!!

3月13日(月)晴れ

今日は部屋そうじをしました。

足の踏み場もないくらい散らかっていましたが、
おかげさまで
足の踏み場ができました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月12日(日)曇りのち雨

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
かに座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

3月10日(金)晴れ

今日の晩ご飯は、つけウドンにしました。

スープは、スーパーで売っている
『比内地鶏スープ』という濃縮タイプのものを使います。
それにタマネギと舞茸と豚バラ肉とナスをたくさん入れます。

そして、同じくスーパーで天ぷらの盛り合わせを買ってきて
ウドンと一緒に食べます。

いつも同じですが
僕はこれがいちばん好きです。
子どもたちもたくさん食べてくれます。

最近は本当に
子どもたちがたくさん食べるようになってきました。

ちょっと前までは
『2人分プラスアルファ』という感じで足りた気がするのですが、
いまは本気で4人ぶん作らないと足りなくなってきました。
これはきっと幸せなことなのだろうと思います。

ということで、
WBCで日本代表チームは3連勝して
2次ラウンドに進出できたので良かったです。

ベイスターズのファンとしましては
ツツゴー選手の大活躍を本当に誇りに思いますが、
8番バッターの松田選手と
9番バッターの小林選手という2人の活躍も
ひじょうにチームを勢いづけていると思います。
下位打線に打順が回ってくるとワクワクしてしまいます。

明後日からはオランダ、キューバ、イスラエルと対戦しますので
またがんばって応援したいと思います。

3月9日(木)晴れ

今日は家族で映画館に行きまして、
ドラえもんの映画『のび太の南極カチコチ大冒険』を観てきました。

いろいろと良かったです。

まず、5歳の息子も3歳の娘も
2時間近い映画を
最後まで大人しく集中して見ることができたことに
子どもたちの成長を感じました。

途中で寝たりするかなとも思っていたのですけれど
最後まで見入っておりました。
とくに3歳の娘は、テレビアニメとか見ているときに
敵の悪役が出てきたりすると
『怖い。もう見ない。』とか言い出したりするので
今日も映画の途中で泣き出したりしないかとヒヤヒヤしてました。

が、二人とも終始ストーリーに引き込まれている様子でした。
これはひとえに、ドラえもん映画のクオリティの高さのおかげだと思います。

ドラえもん映画は本当に素晴らしいと思います。

今回の映画は南極大陸を舞台にした冒険物語でしたが、
単なる空想のストーリーではなく、
子どもたちにちゃんとした科学的な知識を身に付けさせようという
制作者の意図が伝わってきました。

思えば、ドラえもん映画はいつもそうでした。

僕が小学生の頃にリアルタイムで
映画館に行って見たドラえもん映画は
『のび太の宇宙開拓史』、『のび太の大魔境』、『のび太の海底奇岩城』
あたりですが
そうした要素は常にあったと思います。

今回の映画も、
南極大陸の地形や構造、氷山の成因などについても
しっかりと解説されていましたし、

日本が夏のときに南極では太陽がどういう見え方をするのか、とか
地球の歴史の中で惑星全体が氷に覆われた『全球凍結』の時代があったこととか、
それが生物の進化に大きな影響を与えたことなどを
ドラえもんがしっかりと(さりげなく)説明していました。

5歳の息子は、
今ちょうど毎日のように地球の図鑑を読んでいて
そういった話にすごく興味を示しているので
知っている知識がたくさん登場して
映画をひじょうに楽しめたようです。

見終わった後に
『ドラえもんって、何でもよく知ってるんだなあ』
と言っておりました(笑)。

そういった、科学の大切さだとか
未知の世界に冒険に出ることの素晴らしさだとか、
仲間と力をあわせ助け合う真の友情だとか、
困難に立ち向かう勇気だとか、
そういう要素を常に盛り込んでいるドラえもん映画は
親の立場からすると
『ぜひ子どもに見せたい』と心から思えるものです。

日本にドラえもんがいて良かったなあと
本当に思います。

ということで
今日は良い日でした。

3月8日(水)曇り

今夜の平塚は
また冬に戻ったような冷え込みです。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月7日(火)曇り

今日は、サチコネエサンと
平塚市立大野中学校に行ってきました。

『生き方を学ぶ講演会』の講師としてお招きいただきまして
全校生徒の皆さんを対象に
お話したり演奏したりしてきました。
みんなとても熱心に聴いてくれました。

曲は『COSMOS』、『地球星歌』など
ぜんぶで6曲演奏しました。

生徒の皆さん、先生がた
本当にありがとうございました。

ところで今日はこれから
WBCの日本vsキューバ戦がありますので
がんばって応援したいと思います。

3月6日(月)雨

↓これは先日、実家の近所に咲いていた
カラスノエンドウの花の写真です。(クリックして大きくして見てね)
17030601.jpg
この植物はマメ科ですので、
サヤエンドウみたいなのがツルにくっついています。

で、そのサヤエンドウみたいなのが真っ黒になって
その色がカラスを連想させるので
カラスノエンドウという名前がついた、という説があるそうです。

昨年の初夏ごろ、
いま3歳の娘(当時2歳)と二人で近所の川沿いの道を散歩していたときに、
娘がカラスノエンドウの黒い実を見つけて
一生けんめいそれを割って
中から豆を取り出して地面に並べていました。

川の土手にはカラスノエンドウが無尽蔵にあるので
娘は30分くらい、炎天下で夢中になって
ひたすらカラスノエンドウの豆を取り出していました。

それを見ながら
『なるほどなー。こういうことが面白いのか~』
と思いつつ、娘が飽きてやめるまで
ずっとつきあっていたという思い出があります。

この花を見ると、なぜかその時の思い出が
強烈によみがえってきますね。
そのときの娘の服装や、空の色まで鮮明に覚えています。

ということで
どうでもいい話で失礼しました~。

3月5日(日)晴れ

今日は、僕の実家の近所の公民館のお祭りで
演奏させていただきました。

お越しいただいたお客さま、
南湖公民館やお祭り実行委員会の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

そして今日は日曜なのでラジオでした。
星のコーナーは
ふたご座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

3月4日(土)晴れ

今日は、近所の公民館のお祭りに行ってきました。

かき氷が50円、やきそばが150円、ヤキトリ80円、
フライドポテトが100円、おソバやウドンが200円
という破格の値段なので、
子どもたちと一緒にいろいろ食べて買ってきました。

ありがたいことでございます。
どれも美味しかったです。